難聴・めまい・耳鳴りの問題が起こる蝸牛の働き

難聴・めまい・耳鳴りの問題が起こる蝸牛の働きを説明です。

蝸牛は、管がかたつむりの殼のように二・五回転した器官です。管の内部は一階が鼓室階、二階が前庭階と呼ばれる二階建てになっていて、ともに外リンパ液で満たされています。

前庭階と鼓室階の間には中二階の形で蝸牛管があり、内部は内リンパ液で満たされています。

難聴・めまい・耳鳴りの治し方は自分で出来る!

蝸牛管の上部はライスネル膜で仕切られ、床は基底板と呼ばれ、その上に刺激を感知する感覚毛細胞があります。また脳と蝸牛を結ぶ蝸牛神経(聴神経)が出入りしています。

外耳、中耳の伝音系を経て伝えられた空気の振動は、この蝸牛で次のような経過を経て電気エネルギーヘと変換されます。

中耳の耳小骨から伝えられた振動は蝸牛の中の外リンパ液を揺らし、基底板を振動させます。低い音は蝸牛の奥のほうの基底板を、高い音は蝸牛の手前の基底板を振動させます。

基底板の振動を感覚毛細胞がとらえると、その毛先が蓋膜に当たり、聴神経を刺激する電気的変動が起こります。

佐藤信雄の【耳鳴り難聴めまい改善術】

こうして音の振動が電気的なエネルギーに変えられ、蝸牛神経(聴神経)を通って脳幹・中脳に伝わり、大脳聴覚野で音や言葉として認識されます。

蝸牛から大脳に至る経路は感音系と呼ばれます。

この構造や信号が伝わるシステムに問題が起こると、難聴・めまい・耳鳴りを引き起こすのです。