犬は人間の言葉を実際には理解できません

犬は人間の言葉を実際には理解できません。そのことを飼い主が知っていれば、犬には話して聞かせるのではなく、示すのが大切であることがよくわかるでしょう。

犬ははっきりと示してもらうまでは、なにを求められているのかを理解できません。ほとんどの犬は飼い主を喜ばせたがっているので、どのように行動すればよいのかヒントを得ようと飼い主をじっと見つめます。

たとえば、犬に「おすわり」を教えたいときには、飼い主は犬が今まさにすわろうとする瞬間まで待ち、その瞬間にすかさず「おすわり」と言い、すわったことにたいし犬を褒めます。

まもなく犬は、「おすわり」という言葉と行動を結びつけて考えられるようになります。

犬のしつけがQ&Aで分かる!