犬に対して定期的な歯の手入れを推奨

獣医師はすべての犬に対して定期的な歯の手入れを推奨しますが、小型犬では高齢になると歯や歯肉の病気にかかりやすくなるので、これが特に重要です。

正しい手入れをしてやらないと、犬の歯には歯石が付着し、歯周病や歯の喪失の原因となります。

また、獣毛または中程度の硬さの小児用歯ブラシも犬用歯ブラシの代用になります。

今日では、犬専用の歯ブラシや歯磨き剤があり、動物病院やペットショップで入手できます。人間の歯磨き剤は犬には良くありません。泡が立ちすぎ、犬の嫌いなにおいがするので、犬がいやがるのです。

犬用歯磨き剤が手に入らないときには、少々湿らした重曹と塩で充分です。

チワワの病気や健康管理

どの犬も1年を通じて毛が抜け変わります

どの犬も1年を通じて毛が抜け変わります。ダブルコートの犬は、春と秋にアンダーコートから大量の毛が抜け落ちます。これを「換毛」ということもあります。

すべての犬には定期的なグルーミングが必要ですが、抜毛の長い犬は、特に頻繁にグルーミングしてやらねばなりません。でないと、抜けた毛が脱落せずにもつれて毛玉になってしまいます。

犬の皮膚は多くの重要な役割をもっています。皮膚は、水分や電解質やタンパク質が失われないよう体を保護しているだけでなく、感染を予防するバリアの働きもしています。

トイプードルの飼い方・育て方・しつけ方を解説!

愛犬のしつけが良く出来ていたならば

あなたの犬のしつけが良く出来ていたならば、もし、本当はあまり犬を好きではない人だったとしても、その様子を見て「犬って思ったより素敵なもんなんだな」と思ってもらえるかもしれません。

愛犬の飛びつきによる歓迎の場合に限らず、愛犬の心も身体も上手に受け止めてコントロールし、犬達が社会の一員として迎えられるためのしつけの術を、私達は学ぶ必要があるのです。

犬の心や言葉を知る第一歩です。まず、私達が学びましょう。

犬のしつけ散歩

口臭専門クリニックを受診した人数が一番多かったのは男女ともに50代

大学病院にある口臭専門クリニックを受診した患者さん1,270名を、性別および年代別に分けてみた分析があります。

受診した人数が一番多かったのは、男女ともに50代であり、すべての患者さんの約25%をこの年代の人が占めていました。

次に多かったのが40代と60代でした。これは口臭に関する悩みがある人の割合の分布に似ています。

いずれの年代においても、患者さんは男性よりも女性が多く、30~60代においては女性の患者さんの数が男性のおよそ2倍以上になっていました。これは単に口臭で悩む患者さんは女性が多いということを意味しているわけではありません。

伊藤潤一式の口臭消滅プログラム解説ホームページ

大学病院を訪れる患者さん全体の傾向として、女性の割合が多いことが反映されていると考えられます。大学病院は平日の昼間しか外来診療を受け付けていないため、働いている男性は受診しにくいという事情もあるのです。

円への敬意を最もよく表わしているのはバスト

体のなかで円への敬意を最もよく表わしているのはバストでしょう。人間は何世紀にもわたって、なじみ深く愛着のあるあらゆる丸いものにバストをなぞらえてきました。リンゴ、メロン、太陽、月、サクランボ、顔、耳。東洋の真珠、地球、曼荼羅、世界のなかの世界・・

ですが、バストにだけ注目すると、人間の体のほかの部分も円を取りいれ、円に共鳴していることを見逃してしまいます。言うまでもなく尻も丸く、よく目立ちます。すらりとした首から肩にかけてのなだらかなカーブは、後ろから見ると優雅に曲線を描いています。

筋肉も人間特有の丸みをもっています。動物の体にはびっしりと筋肉がつき、アスリートに見られるような湾曲はないです。私たちよりも速く走れる生きものは多いけれども、ふくらはぎによく目立つ筋肉をもつものはいないです。

戸瀬恭子のバストアップDVD【バストあっぷるん】

腕の二頭筋もバストによく似ているし、肩の三角筋もそうです。よく発達した胸筋は谷間のある胸のように見えます。

筋肉もりもりの男性のエロティックな曲線美を、古代ギリシア人、ミケランジェロ、写真家ブルース・ウェバーは見落とさなかったのです。

FX為替レートには2種類ある

為替レートには、FX外国為替市場で銀行同士が取引するときの「インターバンク・レート」と、銀行が私たち個人や企業などの顧客と取引するときの「顧客向け為替レート」の2つがあります。

あなたが銀行で外貨預金や外貨両替を利用するとき、「あれっ、ニュースに出ていた為替レートと違う」と思ったことがあるかもしれません。それは、「今日の為替相場は……」と報じられるのがインターバンク・レートのほうだからです。

マナブ式FX完全マスタープログラム

「1ドル=100円10銭~13銭」というふうに報道されます。この数字は、円をドルに換えたい(ドルを買いたい)銀行が希望する平均的なレートが1ドル=100円10銭、ドルを円に換えたい(ドルを売りたい)銀行が希望する平均的なレートが100円13銭という意味です。

「ドルを買いたい銀行はできるだけ安く買いたい」「ドルを売りたい銀行はできるだけ高く売りたい」というわけです。