生理痛がおこる原因

プロスタグランディンは子宮だけでなく、ほかの臓器を収縮させる働きもあります。

腸の手術をしたときに、点滴に入れて腸のぜん動運動(筋肉の収縮によって生じる小さなひだの波のような動き)を昂進させ、早く回復させる目的でも使われますが、逆に大腸がぜん動運動をやりすぎて下痢をおこしたり、吐き気や胃の痛みを感じる人もいます。

血管を収縮させるので、頭痛やしびれといった症状が表れることもあります。

このプロスタグランディンによる生理痛は、陣痛の練習をしているのだと思えるのです。やがて訪れるであろう出産のときの痛みを、毎月少しずつ経験して、出産に備えているのではないでしょうか。毎月の生理に、人生の一犬イベントを無事に通過するためのカギが隠されている。女性の体ってうまくできているのだなあ、と感心してしまいます。

続木和子の【14日間集中!生理痛・子宮内膜症改善 通信講座】
 
また、最近注目されている子宮内膜症は、激しい生理痛が主な症状のひとつとされています。そのほか、子宮腺筋症、子宮筋腫などの場合にも生理痛がひどくなる場合があります。

今まではそれほどでもなかった生理痛がだんだん重くなってきたり、経血の量が増えてきた場合には、こういった器質的な病気である可能性もあります。

また、生まれつき子宮顕管が狭かったり、子宮が正常な位置からずれていたりすることによっておこる生理痛もありますが、これらの異常は婦人科の検診で発見することができます。