世界では肥満やダイエット事情はどうでしょうか

世界では肥満やダイエット事情はどうでしょうか。まずオーストラリアでは、1980年の時点で、男性9.3%、女性8.0%が肥満でしたが、1989年にその割合は、男性11.5%、女性13.2%に増えています。

また、コスラエ島やナウル島など太平洋の孤島では、肥満者が急増中です。たとえば西サモアでは、1987年には肥満者の割合が男性38.8%、女性59.1%でした。それが1991年には、男性58.4%、女性76.8%に増えたのです。

アフリカも例外ではないです。モーリシャスでは、1987年における肥満者の割合が男性3.2%、女性14.4%でしたが、1992年には男性5.3%、女性15.2%に増加しました。

大澤美樹の脚やせダイエット法【スリムレッグラボ】

東アジア、東南アジアでも肥満者が増加中です。中国では、経済発展にともなう環境の変化のため、地方よりも都市部における肥満者の増加が問題となっています。たとえば1992年の調査では、地方での肥満者の割合が男性7.4%、女性11.7%であるのに対し、都市部での割合は男性20.8%、女性25.1%でした。

タイでは1985年に、男性2.2%、女性3.0%が肥満でしたが、1991年にその割合は、男性3.0%、女性3.8%に増えています。