不動産投資の短期金利はインフレに対してはヘッジ機能を持っている

不動産投資の短期金利はインフレに対してはヘッジ機能を持っているのです。
では、これからもインフレリスクは短期の預金金利でヘッジできると考えていいでしょうか。

「原則的にはその通り」だと言いたいのですが、今後はちょっと特殊な事情も考慮しておいた方がいいと思うのです。

まず1つは、少なくとも今後5年~10年にわたるインフレを考えるうえでは、消費税率の継続的な引き上げというファクターがとても重要な役割を演じるはすだということです。

不動産投資ロケット戦略

不動産投資で「毎月○○円の収入増を実現する」ことを目的にしたとたん、あなたは最短距離でそれを実現する不動産投資法を見つけだすことができるようになるのです。

不動産投資は、この前提があって初めて、その人独自の投資スタイルが決まってくるものです。不動産投資で最も重要なことは、単に「大家さんになりたい」ではなく、個別のライフプランに基づき、

①毎月どのくらいのお金があればそのライフプランが実現するのか?
②いつまでにそのキャッシュフローを作りだすのか?
③そのキャッシュフローを得るためにどのくらいの資産形成が必要なのか?
④その資産を形成する手段にどのようなものがあるか?

などを具体的に検討し、ある程度の投資基準や投資スタイルを定めてから物件を探し出すことが重要なのです。

こうすることで、あなたの資産背景やライフプランに合った独自のファイナンシャルゴールヘの設計図ができ、無駄な物件探しもすることなく、最短距離でその目的を達成することができるようになるのです。