犬に対して定期的な歯の手入れを推奨

獣医師はすべての犬に対して定期的な歯の手入れを推奨しますが、小型犬では高齢になると歯や歯肉の病気にかかりやすくなるので、これが特に重要です。

正しい手入れをしてやらないと、犬の歯には歯石が付着し、歯周病や歯の喪失の原因となります。

また、獣毛または中程度の硬さの小児用歯ブラシも犬用歯ブラシの代用になります。

今日では、犬専用の歯ブラシや歯磨き剤があり、動物病院やペットショップで入手できます。人間の歯磨き剤は犬には良くありません。泡が立ちすぎ、犬の嫌いなにおいがするので、犬がいやがるのです。

犬用歯磨き剤が手に入らないときには、少々湿らした重曹と塩で充分です。

チワワの病気や健康管理