無精子症原因治療に関して妊娠しやすい性交回数・体位・時期も参考

無精子症原因治療に関して妊娠しやすい性交回数・体位・時期も参考にできるかもしれません。

1978年に、世界で最初の体外受精児、ルイーズさんが英国で誕生しました。その後世界各国で成功の報告が続き、日本では1983年に東北大学で初めての試験管ベビーが生まれました。

その後、20年間に体外受精の技術がほぼ確立し、これまでは絶望的だと考えられていた卵管閉塞の方だけでなく、無精子症原因治療でも、ある程度の造精機能が残されていれば、子宝に恵まれる可能性が開かれるまでになりました。

そして、学会の認可があれば、私的な診療所でも体外受精が受けられるようになりました。

子宮や卵巣・卵管に問題があっても自然妊娠できる方法がありますので安心してください。